ルーミスやさしい人物画の模索・やさしい顔と手:目と鼻などのパーツの配置

0 0
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目と鼻などのパーツの配置

久しぶりの更新になります。
作業で使っているMac miniが起動できなくなり、更新作業ができなくなりました。
なかなか復帰できずMacは当分絶望的かと思われました。
そこでWindowsをと思ったのですが、以前からハードディスクのエラーが出ていて調子が、さらに悪く使い物になりません。
最後に残ったのは以前、中古で購入したxpマシンで今はUbuntuマシンです。
Wineと言うアプリでFireAlpakaが動くのでいざとなったらと、使ってみたところ一応は使えるがショートカットが一部、使えないなど扱いにくいところがあります。
しかしMacで復旧作業をしていてOSをOS X Yosemite‎にアップグレードしてみた所、直ってしまったようでスリープから復帰、電源を入れ直しての起動も普通に出来るようになりブログの更新も出来るようになり、しばらく様子見です。

で、今回の記事ですが頭部を描いた後、どのように目、鼻、口といったパーツの配置をするかです。
このパーツの配置がまずいと、デッサンが狂っていることになります。
そこで改めて思いつく方法をまとめてみました。


まず、「やさしい顔と手の描きかた」の「単位を使った頭部の描き方」について考えてみました。
A図、B図は確認のため、Poserで簡単なオブジェクトを組み合わせて「単位を使った頭部の描き方」に近いものを作って配置したものです。
「単位を使った頭部の描き方」は、平面なわけで、C図、B図のように顔の角度が大きく変わるにつれ、この平面は曲面を持った頭部から浮いた状態になり、顔の表面で分割するのは難しくなります。
しっかりと作図をしないと狂いが出てきます、頭部を描くたびに、しっかりと作図をするのは手間がかかりすぎます。
そこで出来るだけ簡略する方法として思いつくのが、「簡易分割」と「アニメ分割」で行った「ボールの中心での分割」です。

51-1.jpg


上段が「ボールの分割」で、ボールの横幅を6等分し、中心から左右に1つ目が目の中心(瞳)です。
瞳の位置が分かれば後は目見当でも描けます。
この位置は眉の高さで、目の高さではありません。
目の高さは、ボールの中心から下の極点まで3等分(大体です)して、さらに1/2なので、おおよそ眉から下に1/6です。
目の幅をもっと正確に描きたければ、少しややこしい説明ですが、6等分して中心から左右に0.5と1.5になります。

下段は「簡易分割」で、ボールの幅(頭部の前側の幅)を10等分し、中心から左右4つを2ずつにまとめ1・2・2・2・2・1になるように分割します。
中心から左右に最初の2が瞳の位置になります、目の幅は瞳からさらに左右に1/2です。
鼻の高さは、ボールの下の極点で、目の位置は下から2/3上に、眉の位置は目とボールの中心の1/2です。

51-2.jpg


その他の方法はないのかというと・・・
「ボールの分割」でボールの両端を削ぎ落とした後に出来る円形の平面の横のこめかみの線が眉にかかるので、かなり大雑把ですが目安になります。

のこる最後は頭蓋骨でしょうか。
あまり正確である必要はないですが、比率が合ってないとバランスの崩れた顔になりますが、頭蓋骨から描くのは顔の凹凸と特徴をとらえる良い方法だと思います。
頭蓋骨がある程度描けていればその上から目鼻を描くことで整った顔になるはずです。

51-3.jpg


ページトップ