やさしくない人物画

    ルーミス先生の著書はどれも素晴らしいのですが、やさしくはありません。そこで本の内容だけでは分かりづらい所を補足できたらと思います。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
    にほんブログ村
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    ルーミスやさしい人物画の模索・やさしい人物画:知っておくべき体の目印ー男性の脚

    知っておくべき体の目印ー男性の脚

    明けましておめでとうございます。
    昨年は、このブログを見に来てくれた方々、ありがとうございました。
    今年も何とか、がんばって続けていきたいとと思いますが、このブログはルーミス先生の著書の技法を学び、知り得たものを分かりやすくまとめてみようという目的なため、更新ははかどりません。

    また、本を実践しただけでは上手く描けない部分は、個人的な怪しい試みが時々、含まれています、文章のまずさも有り、分かり辛いかもしれませんが、私が知れ得た重要と思われるポイントは、書いておきましたので参考にして頂ければと思います。
    さて、新年最初の記事は”やさしい人物画” P42の知っておくべき目印ですが、途中のファイルが開けなくなり、もう一度最初から描き直すハメになり、新年早々、つまづきました。

    今回は男性の脚の描画をメインにしました。
    描いてみると、普段まともに男性の体を描く練習をしていないため、バランス良く描くのは、なかなか難しいなと思いました。
    そこで、いくつかの単純なパーツに分け、直線的に描き、後で丸みを付け足します。
    これは概ね筋肉の塊にそっています。

    また”やさしい人物画”では正面の図だけでしたので、斜め方向と、横、後ろの図をえがきました。
    筋肉の図を見ると、体表面の線や、しわの表れる分けが分かり、解剖学の必要性を感じさせます。

    42-1.jpg

    42-2.jpg


    にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
    にほんブログ村
    1. 2015/01/10(土) 23:38:24|
    2. やさしい人物画
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ルーミスやさしい人物画の模索・やさしい顔と手:頭部の面構成の回転 | ホーム | ルーミスやさしい人物画の模索・やさしい顔と手:ボールの分割を使わない頭部の描画>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://draow85wi.blog.fc2.com/tb.php/42-a7c04141
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    流魅守

    Author:流魅守
    ルーミス先生の著書はどれも素晴らしいのですが、やさしくはありません。そこで本の内容だけでは説明せれていない所を3Dや図版を使って理解しやすいものにできたらと思います。

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ルーミス・やさしい人物画 (50)
    やさしい顔と手 (27)
    やさしい人物画 (22)
    未分類 (0)
    ネットでお買い物 (1)
    健康 (1)

    FC2カウンター

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    記事サムネイル

    広告

    アフィリエイト・SEO対策

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。