やさしくない人物画

    ルーミス先生の著書はどれも素晴らしいのですが、やさしくはありません。そこで本の内容だけでは分かりづらい所を補足できたらと思います。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
    にほんブログ村
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    ルーミスやさしい人物画の模索・やさしい人物画:やさしくない解剖学

    やさしくない解剖学

    そろそろ、解剖学のページに進もうかと思ったのですが、いまいち、どのように記事を書いたらいいのか、考えがまとまらず、手が進まない状態になりました。
    筋肉の名称や、図版は”やさしい人物画”を見た方が参考になりますし、他にも解剖学の良い本が出ているので、私のブログで一々、名称や、説明は特に必要なさそうなので、省きます。
    やはり、一番知りたいのは、いろいろなポーズで骨格や、筋肉の動きの変化、アングルによってどのように見えるのかを、描き起こす事ではないかと思い至りました。
    Poserで3Dの骨格や、筋肉を見せてくれるサイトはすでに、ありますので、私のブログで同じことをやっても、つまらないので描き起こすのが手間がかかりますが、やはり一番良いようです。

    骨格と筋肉

    骨格に関してはあまり問題はないのですが、筋肉は3Dの場合、ポーズをつけると、テクスチャーが伸びて、歪むため、やはり修正して、描き起こすのが良いようです。
    今回は、記事の内容で迷ったので、時間を無駄にしてしまったので、たいした事は出来ず、ぼつネタがいくつか出来ました。
    いつか記事として使えると良いのですが。

    31-1.jpg
    31-2.jpg

    メデューサを描く

    今回は、メデューサをテーマにしました。
    たいていの場合、メデューサは醜い姿で登場する事が多いのですが、”タ○タ○の戦い”を見たとき、なかなか美しかったので、いつか描いて見たいと思っていたからです。
    ただ、時間をかなり無駄にしたので、参考にした写真をそのまま描いただけの絵になってしまいました。
    できれば、もう少し動きの有るポーズで、アングルも工夫したかったのですが・・・

    31-3.jpg




    にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
    にほんブログ村
    1. 2014/09/10(水) 22:13:19|
    2. やさしい人物画
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ルーミスやさしい人物画の模索・やさしい人物画:足のプロポーション | ホーム | ルーミスやさしい人物画の模索・やさしい顔と手:耳の描写>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://draow85wi.blog.fc2.com/tb.php/31-22b5177d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    流魅守

    Author:流魅守
    ルーミス先生の著書はどれも素晴らしいのですが、やさしくはありません。そこで本の内容だけでは説明せれていない所を3Dや図版を使って理解しやすいものにできたらと思います。

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ルーミス・やさしい人物画 (50)
    やさしい顔と手 (27)
    やさしい人物画 (22)
    未分類 (0)
    ネットでお買い物 (1)
    健康 (1)

    FC2カウンター

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    記事サムネイル

    広告

    アフィリエイト・SEO対策

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。