やさしくない人物画

    ルーミス先生の著書はどれも素晴らしいのですが、やさしくはありません。そこで本の内容だけでは分かりづらい所を補足できたらと思います。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
    にほんブログ村
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    ルーミスやさしい人物画の模索・やさしい顔と手:鼻の描き方

    鼻の描き方

    今まで、まじめに描き方について練習していなかった箇所です。
    鼻の描き方について調べてみたのですが、たいした収穫はありませんでした。
    ”やさしい人物画”、”やさしい顔と手の描き方”でも説明は少ないようで、見る方向や人によって、かなり形が違うからでしょうか。

    絵を描く上で、鼻の形状を形づくるのに必要と思われるものとしては”外側鼻軟骨”と”鼻翼軟骨”あたりを知っておけば充分かと思います。
    この2つの軟骨は正面から見ると3葉のような形をしています、斜め方向から見たらこのように見えるかなと思い、描いてみました。

    おそらく鼻の描き方を説明する場合、ブロックのような立方体で説明するのが一般的かなと思いますが、私的には立方体で鼻の曲線を描くのはやりずらいので、曲面を組み合わせた形を使ってみることにしました。
    なを、鼻の穴と鼻全体の大きさの比率についてネットで見つけました。
    下から見て鼻の形にたいして鼻の穴の大きさは2/3のようです。

    25-1.jpg


    鼻の描き方の練習として曲面を組み合わせ方法で、描いたスケッチです。
    鼻の描き方がメインなのでボールの分割は使いませんでしたが、描く上でアタリになるものとして骨格を使って描きます。
    しかし、このような描き方はあくまで部分を描くための方法なので修正が多くなります。

    25-2B.jpg


    にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
    にほんブログ村
    1. 2014/07/21(月) 23:01:08|
    2. やさしい顔と手
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ルーミスやさしい人物画の模索・やさしい人物画:平面図(上面)から描くパース | ホーム | ルーミスやさしい人物画の模索・やさしい顔と手:頭蓋骨の特徴と目の形>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://draow85wi.blog.fc2.com/tb.php/25-9cc98ee2
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    流魅守

    Author:流魅守
    ルーミス先生の著書はどれも素晴らしいのですが、やさしくはありません。そこで本の内容だけでは説明せれていない所を3Dや図版を使って理解しやすいものにできたらと思います。

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ルーミス・やさしい人物画 (50)
    やさしい顔と手 (27)
    やさしい人物画 (22)
    未分類 (0)
    ネットでお買い物 (1)
    健康 (1)

    FC2カウンター

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    記事サムネイル

    広告

    アフィリエイト・SEO対策

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。