やさしくない人物画

    ルーミス先生の著書はどれも素晴らしいのですが、やさしくはありません。そこで本の内容だけでは分かりづらい所を補足できたらと思います。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
    にほんブログ村
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    ルーミスやさしい人物画の模索・やさしい人物画:大まかな解剖学、肩と腕

    大まかな解剖学、肩と腕

    まだ本格的に解剖学を学ぶわけではないのですが、本格的に始めると実行することが多すぎて敷居が高いので予習をかねて、大まかな構造のみをパーツ単位で少しずつ学びたいと思います。
    あくまでも予習なので大体の構造と働きなどが目標です。
    今回は以前から人体を描くときに気になっていた肩と腕について、調べてみたいと思います。

    1:腕全体の正面図と側面図です。
    やさしい人物画や、その他の美術書にもよく図版が載っていますが、それを見ただけで正しい構造や働きを理解出来る人はまず、いないのでは無いでしょうか。
    骨はかなり奇妙な形をしていたりするので、図版が細かすぎてもかえって分かりづらいものです。
    そこで形状を単純化することで理解しやすくしようと思います。

    2:上腕骨と肩甲骨、鎖骨の形状です。
    何か奇妙な突起のような骨があり、これだけではやはり形状が掴めません、

    3:アングルを少し斜め横方向からみています。
    上腕骨の付け根はボール状の形をしていて、その少し後ろに暗くのぞいているのが”間接窩”といって、ソケット状の凹みになっていてボール状の骨を受け止めています。
    肩甲骨の上側に”肩峰”という湾曲した骨が、ボール状の骨の後ろ上側にかぶさるように突き出ています。
    ボール状の前側に”鳥口突起”という小さな突起のような骨が出ていて、さらにその上側に鎖骨が囲むように配置されています。

    4:分かりやすそうなイメージとしてはまず、左手で握り拳をつくり、右手でおおい被さるようにすると構造が幾分、把握しやすくなります。

    5:前腕の正面と横から見た図です。
    前腕は上腕と違って2本の骨で構成されており、脚の骨も同じく大腿骨が一本に対して膝下は2本の骨で構成されています。
    親指側が”橈骨”、小指側が”尺骨”で少し後ろにあり、肘を曲げたときに突き出るのが”尺骨”の付け根です。

    6:腕を下に下げた時、親指が前に向いているとき正面から見ると”橈骨”と”尺骨”は前後に位置するため、2本の骨は”ひねった”ような状態に見えます。
    手のひらを正面に向くように、手首を外側に回転すると”橈骨”と”尺骨”は横に並ぶため2本の骨は、正面から見ると平行に並んで見え、横から見ると”ひねって”見えます。
    腕を曲げたとき”尺骨”がもっと突き出るはずですが、これは3Dの作り物なのでそこまでは再現されていません。

    7:2本の骨の位置と動きを理解しやすくするため、赤と青の棒に置き換えてみました。
    親指側につながっている赤棒が”橈骨”で、小指側につながっている青棒が”尺骨”です。
    なお、2本の骨がつながっている上腕骨の関節部分は、”滑車”状の形状の左右にボールが接続されたような形状で、”滑車”状の骨に後ろ側に”尺骨”の上側がつながります。
    この尺骨”の上側の先端は少し突き出ていて、”滑車”状の骨の後ろ側を受け止めるようになっていて、肘を曲げたときに、この先端部分がとがって突き出ます。(横向きの図を参照)

    まだ本格的な解剖学とは言えませんが、大体このような構造を知っているだけでも人体を描く時に役に立つのではと期待してます。

    16-1 Arm bone.jpg

    Sindou.jpg



    にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
    にほんブログ村
    1. 2014/05/30(金) 23:54:46|
    2. やさしい人物画
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    <<ネットでお買い物:サッとひと振り!いつものごはんが 栄養タップリに変身  ”ひとてまい” | ホーム | ルーミスやさしい人物画の模索・やさしい顔と手:標準タイプの頭部のプロポーション(後編)>>

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    トラックバック URL
    http://draow85wi.blog.fc2.com/tb.php/16-43645bff
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    プロフィール

    流魅守

    Author:流魅守
    ルーミス先生の著書はどれも素晴らしいのですが、やさしくはありません。そこで本の内容だけでは説明せれていない所を3Dや図版を使って理解しやすいものにできたらと思います。

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    ルーミス・やさしい人物画 (50)
    やさしい顔と手 (27)
    やさしい人物画 (22)
    未分類 (0)
    ネットでお買い物 (1)
    健康 (1)

    FC2カウンター

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    記事サムネイル

    広告

    アフィリエイト・SEO対策

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。