やさしくない人物画

    ルーミス先生の著書はどれも素晴らしいのですが、やさしくはありません。そこで本の内容だけでは分かりづらい所を補足できたらと思います。

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
    にほんブログ村
    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. スポンサー広告

    ルーミスやさしい人物画の模索・やさしい顔と手:目と鼻などのパーツの配置

    目と鼻などのパーツの配置

    久しぶりの更新になります。
    作業で使っているMac miniが起動できなくなり、更新作業ができなくなりました。
    なかなか復帰できずMacは当分絶望的かと思われました。
    そこでWindowsをと思ったのですが、以前からハードディスクのエラーが出ていて調子が、さらに悪く使い物になりません。
    最後に残ったのは以前、中古で購入したxpマシンで今はUbuntuマシンです。
    Wineと言うアプリでFireAlpakaが動くのでいざとなったらと、使ってみたところ一応は使えるがショートカットが一部、使えないなど扱いにくいところがあります。
    しかしMacで復旧作業をしていてOSをOS X Yosemite‎にアップグレードしてみた所、直ってしまったようでスリープから復帰、電源を入れ直しての起動も普通に出来るようになりブログの更新も出来るようになり、しばらく様子見です。

    で、今回の記事ですが頭部を描いた後、どのように目、鼻、口といったパーツの配置をするかです。
    このパーツの配置がまずいと、デッサンが狂っていることになります。
    そこで改めて思いつく方法をまとめてみました。


    まず、「やさしい顔と手の描きかた」の「単位を使った頭部の描き方」について考えてみました。
    A図、B図は確認のため、Poserで簡単なオブジェクトを組み合わせて「単位を使った頭部の描き方」に近いものを作って配置したものです。
    「単位を使った頭部の描き方」は、平面なわけで、C図、B図のように顔の角度が大きく変わるにつれ、この平面は曲面を持った頭部から浮いた状態になり、顔の表面で分割するのは難しくなります。
    しっかりと作図をしないと狂いが出てきます、頭部を描くたびに、しっかりと作図をするのは手間がかかりすぎます。
    そこで出来るだけ簡略する方法として思いつくのが、「簡易分割」と「アニメ分割」で行った「ボールの中心での分割」です。

    51-1.jpg


    上段が「ボールの分割」で、ボールの横幅を6等分し、中心から左右に1つ目が目の中心(瞳)です。
    瞳の位置が分かれば後は目見当でも描けます。
    この位置は眉の高さで、目の高さではありません。
    目の高さは、ボールの中心から下の極点まで3等分(大体です)して、さらに1/2なので、おおよそ眉から下に1/6です。
    目の幅をもっと正確に描きたければ、少しややこしい説明ですが、6等分して中心から左右に0.5と1.5になります。

    下段は「簡易分割」で、ボールの幅(頭部の前側の幅)を10等分し、中心から左右4つを2ずつにまとめ1・2・2・2・2・1になるように分割します。
    中心から左右に最初の2が瞳の位置になります、目の幅は瞳からさらに左右に1/2です。
    鼻の高さは、ボールの下の極点で、目の位置は下から2/3上に、眉の位置は目とボールの中心の1/2です。

    51-2.jpg


    その他の方法はないのかというと・・・
    「ボールの分割」でボールの両端を削ぎ落とした後に出来る円形の平面の横のこめかみの線が眉にかかるので、かなり大雑把ですが目安になります。

    のこる最後は頭蓋骨でしょうか。
    あまり正確である必要はないですが、比率が合ってないとバランスの崩れた顔になりますが、頭蓋骨から描くのは顔の凹凸と特徴をとらえる良い方法だと思います。
    頭蓋骨がある程度描けていればその上から目鼻を描くことで整った顔になるはずです。

    51-3.jpg




    にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
    にほんブログ村
    スポンサーサイト
    1. 2015/03/25(水) 23:51:35|
    2. やさしい顔と手
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ルーミスやさしい人物画の模索・やさしい人物画:3分割+3等分によるスケッチでの応用

    3分割+3等分によるスケッチでの応用

    前回、時間の都合で描ききれなかった分を今回の記事にしました。
    内容的には前回とほぼ同じですが、今回は少し写実的な8頭身で人体のスケッチをしてみようということです。

    スケッチする時の流れとしてまず、全体の動きを描きます、この時はプロポーションのことは考えず、とりあえず大まかに描きます。
    次に全体を3分割します、膝の位置は骨の上の方なので、気をつけないと膝下が長くなってしまいます。
    股の位置は腰の線と膝の中間になります。
    上半身を3等分することで肩の位置がでますので、上から3/4で頭の大きさが割り出せます。
    今回は、パースについては全く考慮しませんでした。

    この方法を使う事で人体を描きやすくなったように思います。
    できればもっと沢山のポーズを描いて、いろいろ確認したかったのですが、やっぱりと言うか時間の都合もあり今回も中途半端な結果になりました。

    50-1.jpg


    にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
    にほんブログ村
    1. 2015/03/05(木) 14:46:17|
    2. やさしい人物画
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ルーミスやさしい人物画の模索・やさしい人物画:3分割プロポーションの活用(アニメ・マンガへの応用)

    3分割プロポーションの活用(アニメ・マンガへの応用

    「やさしい人物画」P46の女性のプロポーションを簡単につかむ方法と書かれた内容についてです。
    最初はたいして面白い内容ではないと思い、スルーしようかと思っていたのですが、8頭身のプロポーションを3分割、出来るのか疑問に思い、試してみたところやはりと言うか、うまく合いません。
    本の図版を見ると脚が少々長いようです。
    そこでとりあえず8頭身を3分割に修正してみたのが8頭身3分割です。
    脚が長くなり、胴が短く見えます、これを見ているとアニメやマンガキャラに近づいているような気がして来たので、7頭身と6頭身のアニメキャラを並べてみました。
    7頭身と一致しており、6頭身とも頭の大きさが違うのにほとんど合っています。
    前に記事ファイル44でとり上げた上半身の3等分の腰の線が完全に一致しているのが面白いですね。
    ということは、この3分割はアニメ・マンガでのさまざまなポーズの描画に応用出来ると言う事です。

    49-1.jpg


    3分割プロポーション+上半身の3等分での描画
     
    実際に何か描いてみようと思い、P128の絵をアニメキャラで描いてみました。
     
    1:まずポーズの動きをスケッチし、体全体を3分割します。
    膝の骨の上端が1つ目の分割線なので簡単に描いておきます。(気をつけないと膝から下が長くなり過ぎるようです)

    2:上半身を3等分します、今回は6頭身キャラなので頭の大きさがそのまま割り出せます。

    3:体のアタリをとります。
      
    4:頭の大きさはすでに決定しているので、これをアニメ分割します。
    頭部の1/2が目の上側でさらにその1/2(全体の1/4)が鼻の位置になります。

    5:頭部が少し斜め上をむいているので頭部の1/4を下の極点としてボールを描き、頭部の傾きに合わせて顔の表面の正中線に線をひくと、鼻の位置がでます。

    6:ボールの中心から左右に1/2の点をとり、顔の表面へ線をひいて目の位置を決めます。
    ただし、この位置は眉のあたりなので顔の表面の起伏にそってアタリ線を描きます。

    49-2.jpg

    49-3.jpg



    にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
    にほんブログ村
    1. 2015/03/03(火) 21:11:27|
    2. やさしい人物画
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ルーミスやさしい人物画の模索・やさしい顔と手:簡易分割の応用ーアニメ分割

    簡易分割の応用ーアニメ分割

    予定通り簡易分割のアニメ・マンガへの応用編です。
    アニメ・マンガの分割法またはテンプレートのようなものを以前から考えていたのですが、なかなか実現しなかったのですが、ようやくまとまりました。
    ボールの分割と簡易分割は基本的に黄金比にかなった頭部の描画を目的としているのですが、アニメ・マンガは描き手によって個性が有りすぎ、比率がまちまちでに応用するには問題がありました。

    今回のアニメ分割(マンガ分割でもいいですが)鼻の位置を起点にボールの下の極点と一致させ、目と鼻の間隔で顎の位置を割り出します。
    そして目の大きさは顔の幅を8等分してから1/2・1・1・1・1/2(又は1・2・2・2・1)にまとめることで、ほとんどのタイプのキャラに対応できると思います。
    もちろん例外もあります、それは最後の方で解説します。

    48-1.jpg


    アニメ分割手順1-サンプル1(正面向き

    このキャラは特に目が大きいので眉の位置がほぼ、ボールの中心線の高さになります。

    1:ボールの下の極点を鼻の位置とします。

    2:ボールの中心線から鼻の位置まで3等分し中心線から1/3下がったところが、目の位置となります。

    3:目と鼻の間隔を鼻の下方向へ延長します、これが顎の位置です。
    これによって簡易分割より、目から下方向が短くなります。

    4:顔の幅を8等分し、左右の端を除いて2個で1つにまとめます。
    比率が1/2・1・1・1・1/2(又は1・2・2・2・1)になり、これがアニメ・マンガの目の比率と一致します。

    5:目の大きいキャラなので眉を位置を中心線あたりにし、顔の輪郭を完成します。

    48-2.jpg


    アニメ分割手順2-頭部が潰れたようなキャラ(斜め向き)

    頭部が全体的に潰れたようなキャラでなおかつ、眉から下が短く目の間隔も広く見えるので、分割しにくい厄介なキャラです。
    鼻から下を短くするため鼻ではなく口を起点にし、ボールの下の極点と口を一致させます。
    また、中心線から口までの1/3で顎の位置を決めます。
    今までの顔の前で平面を描く方法では、目の位置を決める分割が合い辛く、手こずりました。
    このため発想を変えて、顔の前ではなく、ボールの中心で分割することで解決しました。

    1:ボールの中心と頭部の傾きを決めます。

    2:ボールの下の極点から正中線に向かって線をひきます、これが口の位置で、ここを起点に分割します。

    3:中心線から口まで3等分し、1/3の長さを口の下に加え、顎の位置とします。

    4:目以外の分割が出来たので、頭部全体の輪郭を描きます。

    5:ボールの中心で左右を1/2に分割します、これは眼球の中心です。
    顔の表面は平面ではないので、額から目、頬の起伏のアタリを描きます。(眼球の丸みを少しつけます)

    6:全体のアタリを描きます。

    今回は、眼球の中心を割り出し、あとは目見当で良いだろうと考え、顔の幅を4等分で済ませています。

    48-3.jpg


    簡易分割とボールの分割で顔の表面で分割する「単位を使った頭部の描き方」では、顔のアングルが横に近くなるほど、使いにくくなる事があります、そんな時はボールの中心で分割すると良いかもしれません。





    にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
    にほんブログ村
    1. 2015/02/22(日) 22:00:57|
    2. やさしい顔と手
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ルーミスやさしい人物画の模索・やさしい顔と手:頭部の新しい簡易分割

    頭部の新しい簡易分割

    以前、ネットで見かけた図版(A図)から、新しい簡易分割を思いつきました。
    ファイル41で「ボールの分割を使わない頭部の描き方」を書いたのですが、その時は適当に描いた頭部を使うと言うもので、今になってみるとかなり、乱暴な内容でした。
    そこで以前、どこかのサイトで見かけた時、特別気にもしなかったのですが後で簡易分割に使えるのではと、試行錯誤の末どうにか、まとまりました。

    「ボールの分割」との違いは「ボールの分割」は耳を含めた大きなボールであったのに対して、A図の場合は頭蓋の上部(いわゆる頭の鉢)の部分にスッポリと収まり、ボールの底部(下の極点)が鼻の位置と一致していることです。
    このボールはそれほどキッチリと描く必要はありません。
    つまり「ボールの分割」はキッチリと綺麗な円を描かないと、バランスが狂う可能性があり、三つの円弧も正しく描かなければならず、とても手間の掛かるものでした。
    今回の、簡易分割は多少正確性に欠けるものの、もっと簡単に使えるのではないかと思います。

    47-1.jpg


    簡易分割の実際の描画手順

    1:まずボールを描きます、多少歪んでいても大丈夫です。
    頭部全体の傾きが分かるように、中心線と、中心の横線、正中線を描きます。
    2:ボールの底部(下の極点)から正中線へ線をひきます、交わった交点が鼻の位置になります。
    3:ボールの中心線から鼻の位置まで3等分し、1/3下の点が目の位置です。
    4:中心線と目の中間1/2が眉の位置です。
    5:目から鼻の間の長さを、鼻から下に延長すると顎の位置になります。
    生え際は、ボールの中心線から目と鼻の長さ分、上に延長したいちです。
    6:頭部の側面に平面を描き、対角線をひくと耳の位置がでます。
    7:ボールの横幅(両耳の間隔)を5等分すると、目と目の間隔と目の大きさが割り出せます。

    47-2.jpg

    キッチリとした絵を描くには「ボールの分割」の方が良いと思いますが、なるべく速く描きたい場合などは、この簡易分割で充分かと思われます。
    次回は、アニメ・漫画キャラへの応用となります、どちらかと言うとそちらの方がメインです。



    にほんブログ村 イラストブログ イラスト練習へ
    にほんブログ村
    1. 2015/02/20(金) 21:20:48|
    2. やさしい顔と手
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ

    プロフィール

    流魅守

    Author:流魅守
    ルーミス先生の著書はどれも素晴らしいのですが、やさしくはありません。そこで本の内容だけでは説明せれていない所を3Dや図版を使って理解しやすいものにできたらと思います。

    最新記事

    最新コメント

    最新トラックバック

    月別アーカイブ

    カテゴリ

    FC2カウンター

    フリーエリア

    検索フォーム

    RSSリンクの表示

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード

    QR

    記事サムネイル

    広告

    アフィリエイト・SEO対策

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。